失われた街 戦前の光慶図書館(徳島県立図書館)文書館トップに戻る学ぼう楽しもうに戻る
3Dで復元された千秋閣 千秋閣の姿
千秋閣の図面
千秋閣について

 幻の城下町徳島3D化の第2回には、現在の徳島中央公園にあった千秋閣を選びました。千秋閣は、明治41年、大正天皇が皇太子時代に徳島を行啓するための宿泊施設として建てられた和風の建築物でしたが、光慶図書館と同様1945年(昭和20年)7月4日の空襲で失われてしまいました。現在残された図面や古写真を駆使して3Dの画像を作成しました。
 このコンテンツは、徳島文理大学川村恭平ゼミ(建築デザイン科4年 藤山愛さん、同じく吉岡茜さん)と徳島県立文書館の協働事業として作成しました。