公開公文書の中から【第5回】

  明治期の寺社関係公文書(4)
         明治7年より 国弊社及御陵墓二関スル書類

 寺社関係公文書の4冊目は、名東県時代の明治7年(1874)から明治10年(1878)に作成された「国弊社及御陵墓二関スル書類」である。この文書には、明治7年4月30日付けの地理頭杉浦譲(内務省、内務丞兼地理頭)が名東県権令(実質的な知事)久保断蔵に宛てて出された文書がつづり込まれている。この文書は「諸官省庁地、用地、神地等を至急調べることが必要なので、別紙雛形の通り6月30日までに取り調べて差し出すよう」に出された通達で、この文書をきっかけに作成された、明治七年名東県管内の天皇陵などの御陵地、国弊社とその末社、官庁及び官舎地の一覧表の控えを中心にいくつかの文書がつづり込まれている。
「国弊社及御陵墓二関スル書類」表紙 写真1


内務省地理頭杉浦譲通達写 写真2


 まず、この簿冊の件名を書き抜いてみよう。
 1.国弊中社既且ヒ陵墓二関スル書類
  御陵地所坪数明細表(名東県)
  官庁倉庫其地官舎地名坪数存置明細表(名東県)
  (淳仁天皇陵調査表)(名倉)
  御陵地取調指上証 明治7年10月30日(陵掌 磯部一貫他2名→名東県参事西野友保)
  大麻比古神社(大麻比古神社及び末社取調) 明治7年11月(大麻比古神社社務所)
  (名東県神地・官庁地・官用地一覧表)
 2.通達(諸官・省・庁地・用地・神地取り調べ差し出しの件写、雛形有り) 明治7年4月30日(地理頭 杉浦譲→名東県権令久保断蔵)
 3.記(仮営繕及び仮神饌処について報告) 明治10年1月23日(忌部神社権祢宜浦上利延他1名→高知県権令小池国武)
 4.(神地等反別調査の件)6月18日(支庁(淡路)庶務課→本庁庶務課)
 5.(忌部神社測量調査出張の件) 明治9年1月17日(地理科権野伝二郎)
 6.売地転居約定之証 明治8年11月(阿波国第5大区麻植郡3小区山崎村妹尾卯蔵→宮司蜂須賀隆芳他1名)
 7.上申証(検地帳の件) 明治9年11月20日(山崎村一等副戸長伊勢五平→高知県第一課椎野伝次)
 8.奉受取証(検地帳の件) 明治9年11月22日(山崎村一等副戸長伊勢五平他1名→高知県徳島支庁地理係)
 9.記(忌部神社実測の件) 明治10年1月(忌部神社主典麻生秀俊他1名→高知県出張地理科)


 この調査で対象になった施設は、下記のとおりである。
神地
 淳仁天皇陵       淡路国三原郡賀集中村
 崇徳天皇陵       讃岐国阿野郡青梅村
 土御門院天皇陵     阿波国板野郡池谷村
 神櫛王墓        讃岐国香川郡一ノ宮村
 伊弉諾神社       淡路国津名郡多賀神社
 田村神社        讃岐国香川郡一宮村
 大麻比古神社      阿波国板野郡板東村
 金刀比羅宮       讃岐国那珂郡琴平村
 大和国魂神社      淡路国三原郡上八太村
 天石門分八倉比売神社  阿波国名西郡矢野村
 石清尾八幡宮      讃岐国太内郡松原村
 春日神社        阿波国名東郡富田浦

官庁地
 名東県庁        阿波国名東郡富田浦
 名東県支庁       讃岐国香川郡高松内町
 名東郡支庁       淡路国洲本旧城
 広島鎮台高松営所兵営  讃岐国香川郡高松城
 陸軍省所轄兵営建築場  讃岐国那珂郡丸亀旧城
 倉廩          阿波国名東郡富田浦(新蔵)
 倉廩          阿波国名東郡富田浦(北蔵)
 倉廩          淡路国津名郡津田村
 倉廩          淡路国津名郡津田村
 懲役場         阿波国名東郡富田浦(徳島)
 懲役場         阿波国名東郡富田浦(塀裏)
 獄舎          阿波国名東郡富田浦(塀裏)
 広島鎮台高松営所練兵場 讃岐国香川郡西浜村
 広島鎮台高松営所火薬庫 讃岐国香川郡宮脇村
 陸軍省所管火薬庫    讃岐国那珂郡田村

官用地
 広島鎮台高松営所    讃岐国香川郡高松内町

「名東県の諸官・省・庁地・用地・神地取調一覧表」の一部 写真3


 ここに含まれていない国弊中社となった忌部神社は、この調査の後に社地等が定められた。忌部神社社地購入などの様子がわかる史料も含まれている。

--------------------------------------------------------------------------------------©2007.7金原祐樹